信念とは、揺るがない気持ち

ビジネスのコンサルティングを
受けているときに出た
信念についてのお話です。

 

サラリーマンならいざしらず、
自分でビジネスをやるのであれば、
それは自分がやっていて楽しいと思えることや、
何においてもやっていきたいことであり、
強い気持ちがあるものであるはずです。

 

じゃないと、続かないですからね。

 

顧客に熱意が伝わらない時

もし、あなたがビジネスを始めたとして、
その内容を顧客にお話ししたとしましょう。

 

そのとき、顧客が決断を渋ったり、断ったり、
反論してきたらどうしますか?

 

あなたが熱意を持って伝えたプランが、伝わらなかった。

 

その時、あなたが取る行動は何でしょうか?

a7dcca40b8f0605ede735660d880c226_s

会社員をやっていたら、会社の方針に従います。
それが雇われている者の務めですからね。

 

例えば、会社の商品に誇りを持っていて、
それを顧客に売りだした。

 

あなたは商品にほれ込んでいて、
誇りを持って販売している。
でも、プレゼンした相手(顧客)は、
あなたのプレゼンに満足しなかったのです。

 

じゃあ、どうするか?

 

それは本当に伝えたいことだったのか?

この時、その顧客に対し、
販売をあきらめたりするならば
それはあなたが本当に伝えたい事ではないということです。

 

伝わらなかった、じゃあもういいか、と
思えるようなことであるならば、
そこで、自分のやり方や考えを変えてしまうのであれば、

 

それはあなたの【本当の信念ではない】ということです。

 

本当の信念とは

でも、それが本当に伝えたい事があるならば、
伝わるまで伝えるべきです。
それこそが、【本当の信念】であるはずです。

 

あなたには、心から人に伝えたい事はありますか?

 

それが、人から反論されたり反発された時、
ゆがんだり、変わったりするものではないでしょうか?

 

例え、どんな批判を受けようと、
自分の信じることを曲げない、曲げられない、

 

それこそが
あなたの【信念】であると、私は考えます。

ABOUTこの記事をかいた人

イラストを描くことが好きな、アラフォー主婦。 精神を病んで仕事を減らしたら、単純に収入が激減。家でできる収入源を探し、ネットビジネスに出会う。現在【アバター制作】を中心に活動中。