失敗を恐れない

人は失敗が怖い。
私も怖い。
でも失敗を恐れていては、人は成長できません。

それは勉強しかり、部活動しかり、ビジネスしかり、です。
まずやってみる。挑戦してみる。
失敗、間違いを起こす。
それを修正する。
トライ&エラー。
この繰り返しです。

スポンサーリンク

悩みながらトライでOK

中学1年の息子が、現在、年賀状づくりに没頭しております。
知らなかった。
宛名面が漫画になっていたりするんですねえ。
http://matome.naver.jp/odai/2138753306857245501

年賀状ペンギン

自分もやるんだ、と手書きしたり
ネットで調べたりと、なかなか熱意をもって取り組んでおります。

通信面も、悩んでいたので
ネットで調べてごらんよ、「年賀状 デザイン」とか「年賀状 テンプレート」とかで、
と教えてあげると、
たくさんあるなぁ~~と感心して、いそいそと調べています。

届いた人が喜ぶのを想像しているんでしょうか、
ニヤつきながらの作業です。
楽しいんでしょうね。

211497e9ffb96a0640680ad2c2bd3b19_s

本番前のテスト作業は大事

作成してみて、完成したものを
彼はいきなり年賀状に印刷しようとしたので、
まずはテスト印刷してみなよ、とアドバイスしました。

彼は、はがきの大きさに紙を切り、テスト印刷をして、
それから年賀状に印刷しました。
・・・が。

失敗した。

通信面を宛名面に印刷しちゃいましたよ。
テスト印刷の時に、裏表を意識せずにテスト印刷したから
はがきをプリンタにどうセットすると、正しい印刷がされるのか
考えていなかったみたいですね。

成功と失敗の糧は全て自分のもの!

でも、それで彼は
年賀状をプリンタにどうセットするのかを理解しました。

これも立派なトライ&エラー。

これが私が全部を代わりにやっていたら、
彼はずっとやり方を理解することはなかったし、
印刷をするたびに、私を頼ってきたでしょう。

でも彼は自分でやってみて理解できたので、
年賀状の印刷に関して、私に頼ってくることはありません。

頭で考えているだけでは、決して人は覚えない。
失敗が怖くて、人にやってもらっている間も、
決して成長できない。

 だから、まずはやってみましょう。
何をやったらいいのか分からない、という場合も やれるところまでやってみましょう。
やってみて、分からない部分を明確にするのです。
不明部分を明らかにして、調べるなり人に尋ねるなりするんです。
全部、自分の力で。
最初から最後まで、自力で考えることなく、行動も起こさなければ 全然身につかないのです。 

あなたはどんなトライ&エラーをしたことがありますか?

それによって得たものは何でしょうか?
よかったら、教えてくださいね。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

イラストを描くことが好きな、アラフォー主婦。 精神を病んで仕事を減らしたら、単純に収入が激減。家でできる収入源を探し、ネットビジネスに出会う。現在【アバター制作】を中心に活動中。