profile

e9d3638b6f6383c7b9159faf720680fd_s

初めまして、あーみです。

数あるサイトの中から、当サイトをご覧いただき、
そのうえ、プロフィールまでお読みいただきありがとうございます。
もしお時間が許すのであれば、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

スポンサーリンク

偏差値70とかあるくせに絵が絶句するくらいど下手くそな高校生の息子と
天真爛漫・天衣無縫で、ものっすごい笑える行動を起こすグレーゾン発達障害がある小学生の娘、
を持つ2児の母親です。

平日にパートに行って、夕方には速攻で家に戻って子どもの宿題を見てやり、
ご飯を作り、お風呂に入れて、歯を磨かせて、絵本の読み聞かせをしている
ある意味、
リア充の主婦です。

 

 

生活費の足しのつもりが、フルタイム勤務

現在は、半?共働きです。
私が体調を長期にわたり崩してしまった(精神的ストレスで)のと、
家庭事情が変わったので、
フルタイムでバリバリがむしゃらに
働いていた環境に終止符を打つことに決め、
フルタイム勤務から一気に勤務時間を激減させました。

もともと、子どもが病気でも仕事に行かざるをえなくて、
それが苦痛であったのですが。

社会人として、給料をもらって働いている責任上、
会社に貢献することが義務だと思っていたわけです。
それに、経済的に非常に苦しかったので
休むに休めなかったのです。

 

 

でも、残ったのは・・・

 

義父の認知症と多額の金銭トラブル。

夫はひき逃げ事故に巻き込まれ、身体障害者。

息子はいじめ被害者。

娘は腰抜かすほどの
マンガみたいな成績不振(笑えるから、まだいいんだけど)。

 

 

ダメだ。

 

 

仕事は私でなくても、代わりはいる。

でも「おかあさん」の代わりはいない。
だったら、もう辞めよう。

530cf35e98f6709237513c99107e24d3_s

と、決意して1年かけて会社と話しあい、
退職・・・・にはならず、時間短縮勤務になりました。

 

金欠大ピンチから、ネットビジネスに出会う

そしたら・・・
単純な話、収入が激減したわけなので、
食うに困るわけです。

275d7f4c21454f8c0d01a63e4db62d19_s

うちの食費は安いと思う。
就職してから、ろくに家計簿つけなくなりましたが、
家族4人で、1ヶ月の食費がおそらく2~3万の間。

切り詰めて生活しているので、
突発的な支出があると、
もうそれだけで家計が火の車なんですよ。

息子が冷蔵庫を開けて
「おかあさん! うちの冷蔵庫空っぽだよ!∑(゚Д゚)」
と、本気で驚愕するほどです。

 

目刺し1匹を4人でわける…
なんていうほど、苦しい生活ではないけれど、

 

白菜やキャベツがひと玉300円もすると、買えないとか

食パンは週1回の2割引きの日にしか買いに行かないとか

お肉を手に取るのは、割引シールがついているときだけとか

子どもが「お母さん、うわぐつがキツイ」と言ってきても、
もうすぐお父さんの給料日だったら、次の給料日まで待ってもらう、

 

というようなギリギリ生活をしていました。

 

 

そんな時に、家でできる仕事はないだろうか、と
探して見つけたのがネットビジネスでした。

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_s

試行錯誤のネットビジネス参入と挫折

めっちゃ裕福な生活をしたいわけじゃないけれど、
でも子どもたちに不自由な思いをさせたり、
せめて給食費が払えないなんてことはないように、
子どもに我慢させなくて済むように、
パートで働いたくらいの収入が得られると、とても助かるな
と思いながら、
ネットビジネスの世界に飛び込みました。

しかし、私は全くのど素人でした。

ネットビジネスに関する知識は、白紙の状態でした。
ブログ・メルマガアフィリエイトを始めるために情報教材を購入し、
教材製作者の方のコンサルを1年間受け、
必死に勉強するも、まったく成果を出せず。

自分が何をやっているのか、どうしたいのか。
「ブログ・メルマガアフィリエイトをやる」と一言で言っても、
やることは膨大。
早さも必要です。
まして、私はお金を払い期限付きで教えてもらっていましたから、
早く成果を出さねばなりませんでした。

しかし、なにぶん私には根性がなかった。

知識も足りなかった。
作業が遅く、やってみることやってみること、全部中途半端で
強い意志を持ってやり遂げる、
ということができませんでした。

ネットビジネスは教えてもらって、
次々と挑戦しながら自分のやるべきことを見つけ
本当にとんちんかんなことをしていれば、
指導者に軌道修正してもらいながら作業を続けていくことが
成果を出せる、最短作業であると思います。
失敗しながら、失敗から学び、意欲的に取り組んで試していく。
しかし、私はマジで中途半端だった。

40歳越してから始めたネットビジネスは、
けっして甘いものではありませんでした。

それはわかっていたつもりでしたが、
プライドはズタズタになりました。
失敗はいやでしたし、恥ずかしかった。

まとめる力がなくて、何を言っているのかわからないと、よく言われました。
質問も的外れで、何を知りたいのかわからないと、よく指摘されました。
自分では必死で、精一杯のものを出したつもりでも、「ショボい」と言われました。

力不足なんですから、当たり前なんですが、
「なにくそっ」と思うほど、強い力が私はなかった。
萎縮して、何も言えなくなりました。
いつまでも気に病み、
悩んで眠れない日が続きました。
寝不足で、パートの仕事中に居眠りしてしまうような日々でした。
パソコンを開くことすら、
本当に苦痛になりました。
そのくせ、成果を出している人をみれば、
嫉妬しねたむ負の感情を抑えることはできませんでした。

読者を集めるためにレポートを書いても、
実に内容が薄いものしか書くことができず。
では、レポートの数で勝負すればいいものを、
私は睡眠時間を削っても、徹夜しても、
全く数をこなすことができないのです。

わからない、をひたすら調べ、
新たに知った知識をアウトプットしていけばいいのでしょうけれど、
わからないことを調べる力量がなく、
ネットで検索しても、自分が知りたいことにたどり着けないのが日常茶飯事。

メルマガを発行し、読者も得ていました。
読者から反応もあり、スカイプで直接お話したこともありました。
文章を書く力があり、
自己サイトを持ち、
ランディングページを自分で作ることができ、
フェイスブック広告を出したこともあり、
単発でお仕事をいただいたこともあり・・・

それだけのことができても
知識を持っていてもなお、
自分が何になりたいのか明確にすることもできず、
自分の強みも見つけられず、
何を目指していたのかも迷ってしまい、
ブログ・メルマガアフィリエイトを継続することができませんでした。

なけなしのお金から、
情報商材を購入し、
指導料を払って教えてもらったにもかかわらず、
なんにも残すことができず、ついには、
挫折してしまったのです。

ネットビジネスの門戸は広くとも、
それを続け、成功する人は、ほんの一握りです。

継続する力がない人は、言い訳ばかりがつい、口から出てきます。
私も、
子供のことが、
家族のことが、
仕事が、
体調が、
作業時間が、
といろいろと理由をつけ
結局、作業を続けることはできませんでした。

 

転機を与えてくれた情報商材の存在

しかし、購入した情報教材と指導してくださった先生は
私に大きなものをもたらしてくれました。
それは「仲間」「コミュニティ」です。

私の周りにネットビジネスなんて、やっている人はいません。

しかし、「コミュニティ」には同じような境遇をもち、
初心者から取り組む人たちに出会え、
刺激をもらえる環境を与えてもらいました。

このネットビジネスの「コミュニティ」のおかげで、
人との縁をいただき、
新たなカタチでネットビジネスを続けていくことになりました。

それが「絵を描く」ということでした。

私は物心ついたときから、絵を描くことが好きでした。
結婚して以降、なんとなくペンを持っていませんでした。

しかし、もともとは異常にイラストを描くことが好きで好きで、
好きが高じて小学生~高校生の間に、新聞社にイラストを投稿して小金を稼ぎ、
さらに自費出版で同人誌発行していたオタクなのです。
同人誌で繋がった全国各地の仲間の小説に挿絵を描くこともしていました。
当時2000人以上の応募者がいた、
講談社フェーマススクールズのイラストコンテストで、2回入賞経験あり。
社会人となってからは、広告代理店でデザイナーとして勤務。
電車の中吊り広告制作、求人誌広告制作、
コンビニエンスストアのキャンペーンの横断幕・ポスター・グッズの
デザイン制作を担当していました。
そして、生まれて初めて購入した教材「アフィリエイトディスカバリー」に出会います。
購入者6000人超対象のランディングページ作成企画で、優勝しました。

現在、個人様、法人様問わず、個別にご要望をお聞きし、
アバターの制作、ブログのヘッダー画像制作やバナーの制作、
ランディングページ制作等の受注制作を行っています。

時間的金銭的自由を得るために、丸っきりの0からのビジネスを始めて、
ご縁あって、受注をいただけるまでになりました。

cdd4eba7bd90b0b4d90b9c001f022138_s

この私の歩みが、
新しくビジネスを始める方に、何か参考になりますように。

ご不明点はお気軽にお尋ねください。