とある絵本から、ビジネスを知る

娘に絵本の読み聞かせを毎晩しているのですが
そのうちの1冊に
かこさとし さんの「からすのパンやさん」があります。

からすのパンやさんから学ぶ

 

「からすのパンやさん」
作: かこ さとし 出版社: 偕成社

からすのパンやさん [ 加古里子 ]

価格:1,080円
(2015/12/9 01:39時点)
感想(327件)

 

1973年初版340刷超えのベストセラーですから
ご存知の方はたくさんおられると思います。

 

あのお話、ビジネスだと思いませんか?

 

からすのパンやさんのあらすじ

子どもが産まれてから、てんやわんやで
貧乏になったパンやさんが、
失敗作のパンを子どものおやつにしていたら、
お友達からパンが欲しいって言われるんですね。

さっそく、家族全員でたくさん作ってみて、
クレームをいっぱいもらう。

そこからその要望にこたえてアイデアを出して、
再びパンを販売。

子ども達が殺到したことで、
近所のからすが騒ぎ、さらに騒ぎが広まって
森中のからすがパンやさんに詰めかけます。

パンやさんは、その殺到したお客さんを
上手にさばいてお店を大繁盛させるお話。

0aa9e963d582b5940b764a37acc9f2be_s

なんて商売上手な、パンやさんなんだー!Σ(゚□゚ノ)ノ

 

ビジネスチャンスを逃すな

失敗作のパンを子どもも、
これまた上手に(意識してないけれど)
上手にお友達に紹介するんですよ、

「これは世界中で、お父さんしか焼けない、
珍しいおやつパンなんだぞ」って。

欲しいじゃないですか、
たとえ失敗作でも、そんなこと言われたら!

お友達にいっぱい来てもらって、
どこが悪いって、クレームをもらったら
改善して、再び販売。

 

これも、トライ&エラーと方向修正ですよね。

そして集客。

 

買うために来たわけではないお客さんまで
お客さんの心理を上手に利用して、
来てしまった全員に、買ってもらっちゃうんです。

すごい、すごすぎる。

侮れない、からすのパンやさん。
平和なパン屋の話だと思っていたら、
ビジネスのヒントがつまった絵本だった!(笑)

 

「からすのパンやさん」
作: かこ さとし 出版社: 偕成社

からすのパンやさん [ 加古里子 ]

価格:1,080円
(2015/12/9 01:39時点)
感想(327件)

 

ABOUTこの記事をかいた人

イラストを描くことが好きな、アラフォー主婦。 精神を病んで仕事を減らしたら、単純に収入が激減。家でできる収入源を探し、ネットビジネスに出会う。現在【アバター制作】を中心に活動中。